不動の杜ペット霊園では、移動火葬車は一切使用しません

NO!移動火葬車は一切使用しません

移動火葬車とは

移動火葬車とは、トラックやバンの荷台に火葬炉を載せて、出張で火葬を行う形態をとっている業者が使用する車両のことです。

近年、手軽で便利ということから移動火葬車を使用した訪問火葬・出張火葬という業態が出てきています。

特にペット供養の精神や理念がなく、個人で手軽に開業できることから、この移動火葬業者が乱立してきております。

何より、ペットや愛動物への尊厳を軽視し、トラブルや犯罪を起こすケースも出てまいりました。

ペットも人間に準じた尊厳のあるペット葬を

大切な人が亡くなった時、トラックやワゴン車の荷台に火葬炉を積載し、不特定の場所へ移動して火葬するという方法で、火葬を依頼しますか?
動物だから、構わないのでしょうか?

自宅前まで訪問してくれて火葬が行え、「気軽に利用ができて便利」「仕事の時間が合わないから…」という理由で、ペットの火葬を移動火葬車で済ませてしまって 本当によいのでしょうか?

依頼をすれば自宅前まで来て火葬してくれるという気軽で利便性が良いように聞こえますが、移動火葬車は発祥以来、環境問題・火葬能力の問題・安全問題・道路交通法に抵触しうるなど様々な問題が抱えております。

わたくしどもは、家族同様に一緒に暮らしてきた愛ペットにも、人間に準じたご供養の理念のもと、尊厳をもって葬儀・火葬・納骨から、お寺によるご供養を行っております。
お寺附属のペット霊園で、葬儀のための葬儀式場、火葬ホールには3基の固定火葬施設にて丁重に火葬 荼毘(だび)に付し、お骨上げまできちんと丁寧に行い、納骨に関しては、納骨堂と墓地があり、永代にわたりご供養を続けられる体制のもと維持されています。

さて、この『火葬』とは、ただ”遺体”を”骨”にするということではなく ”死者を弔う儀礼” であって、その儀式を安易に行うものではないと わたくしどもは考えます。

現代は、とても便利な世の中で、恵まれた時代になりました。しかし何事にも利便性だけを求めて安易に行うのではなく、家族としてともに暮らした愛動物にも尊厳をもって送ってあげることが大事なのではないでしょうか?

儀式を行うことは、亡くなったペットのためだけでなく、ペットを亡くされたご家族の気持ちの完了にもつながっています。
どうぞ、家族の一員である大切なペットのために、"弔いの儀礼”としてお見送りいただきますことを願っております。
移動火葬業者によるトラブル

この内容で送信します。よろしいですか?