愛するペットがもしものとき・・・

ご愁傷さまです。
まだ、亡くなったという実感がわかない方もいらっしゃるかと思います。
ペットが亡くなったと にわかに信じられない、信じたくない気持もわかりますが、死を受け入れるのもペットのためです。
まだ涙も出ないくらいショックで、どうしたらいいかわからないという方もいらっしゃいますが、亡骸のそばにいてあげて心の準備を整えていきましょう。

ペットが亡くなったら

ペット愛犬・愛猫の死・亡くなったら
まず、ご遺体が傷まないように涼しい所へ安置し、
 ペットシートを敷き、お腹まわりに保冷剤をあててください。

ペット火葬申込・受付手順

TEL.043-228-4140
ペット葬 予約受付: 7:00~21:00

お電話にて、日時と葬儀火葬方法をご予約ください。

 ①日時のご予約をしていただきます。
 ②ペット葬方法を決めていただきます。

※その日の葬儀式場・火葬場の予約状況によりますので、電話予約で予め日時予約をしてからお越しください。

※夜間21:00~翌朝7:00の間、電話受付の時間外となります。
下記の、夜間・時間外予約申込みフォームにご入力・送信いただき、翌朝8:30~9:00に当園より折り返し電話にて予約完了となります。

ご遺体の安置方法

体が硬直する前に手足を曲げて身体に寄せて整えてあげます。
 
死後2時間くらいで硬直が始まり、手足が突っ張っていると棺に納まらなくなってしまいます。まぶたを下げて目を閉じるなどしてあげてください。
 
ぬるま湯などで身体をかるく拭き清めます。
 
口やお尻から血や汚物が出る場合がありますが、慌てないで拭き取ってあげましょう。

頭の下にタオルなど入れて頭を高くして、ペットシートを敷いてあげるとよいです。
愛犬愛猫のご遺体への保冷処置
【ご準備いただくもの】
・ペットシート ・枕となるタオル ・保冷剤

火葬場で火葬できるもの
 ・少量のごはん(ペットフード)
 ・綿の素材の洋服
 ・バスタオルやタオルケット(綿か麻)
 ・お花(生花)

※火葬できないものは、化学繊維やプラスチック・ビニール・金属など火葬炉を傷めたり煙の出る製品は火葬することが出来ません。
 
 遺品・形見としてお供え下さい。
ご遺体の安置・お供え物

犬(ワン)ちゃんの死亡届・市町村への届け出

<千葉市役所の文章より抜粋>

ご生後91日以上の犬を飼っている方は、犬の登録(犬の生涯に1回)と狂犬病予防注射(毎年度1回)を受けさせることが狂犬病予防法で義務付けられています。
また、平成7年度の法改正で、登録が犬の生涯に1回になったことから、住所(引越し、転入)や所有者の変更など、犬の登録事項に変更があった場合や、犬が死亡した場合は届出が必要となっています。
千葉市 犬の登録について(千葉市を例にあげます)
ご葬儀が終わって一段落されてから市町村役場にて届け出されるとよいでしょう。


営業時間 お問合 電話受付 9:00~17:00
ペット火葬予約 電話受付 7:00~21:00

この内容で送信します。よろしいですか?